Using metrics

Metrics provide a method to visualize progress towards achieving the objective.  Many kinds of metrics exist, such as revenue, customer satisfaction, and unemployment rate.  However, metrics that are not used in making decisions do not add so much value to the activities measured.  For example, if the customer satisfaction metric is not used in meetings to secure resources against other activities improving different metrics, then it serves only as a status indicator.  On the other hand, if only some metrics are used, other operation parameters can be effectively deprioritized.  If a metric is not used to guide decisions, then the progress on the target represented by the metric may be compromised.

Using metrics effectively includes defining the objective of the activity, prioritizing he metrics used in advance, and using the metrics in making decisions.

指標は目的に対する進捗の可視化を可能にする。今日、売り上げ、顧客満足度、失業率など様々な指標が存在する。しかし決断するために指標が使われていない場合、その指標は、対象となる活動にあまり価値を付加しない。例えば会議において顧客満足度の指標と他の指標とを比較し、改善のためのリソースを確保する議論に使用しなければ、顧客満足度は単に状態を表す数字にしかならない。一方、一部の指標ばかりが活用される場合、その他の活動パラメータは実質的に優先順位が低められ可能性がある。指標が決断を下すために活用されなければ、指標が表す目標に対する進捗が不十分になる可能性がある。

指標を効果的に使用する方法には、活動の目的を明確にし、予め指標間の優先順位に合意し、決断のプロセスにおいて指標を活用することが含まれる。