About

Blue Trading was established to promote peace by decreasing poverty.  The organization aims to reduce current poverty and the risk for future poverty by creating job opportunities and providing training for the job roles.

Poverty can be defined in two ways, economically and socially.  In a typical definition, relative economic poverty refers to the condition where the household income is lower than 50% of the median household income in the country (absolute poverty is more acute, often represented by the number of people living under $1 per day).  Poverty is a real condition that exists in both developing and economically advanced countries.  When the 50% relative poverty line is applied to the data compiled for Japan in July of 2014, 1/6 (16.1%) of the household falls below the poverty line.  Similarly, the poverty population in U.S.A. was 15% in 2014.

Social exclusion is the other form of poverty where individuals or groups are denied certain rights, resources, goods, and services that are available to others.  People may be discriminated in accessing housing, employment, healthcare, and other social services due to personal attributes such as social class, race, education, and living standard.  For example, single mothers may be marginalized in securing employment, and individuals receiving public assistance may be denied in renting homes.

Every person needs to consume food and to interact with the surrounding community.  Income is necessary for survival, and job roles facilitate social participation.  Work, with or without compensation, is one method for individuals to engage with the community where a person can contribute to the benefit of others in a meaningful way.

Blue Trading, LLC
Mizunobu Bldg 7F
1-11-1 Kita-Saiwai, Nishi-ku
Yokohama, Japan  220-0004
email:  BTcontact@bluetrading.org

 

ブルー・トレーディングは貧困を削減することにより平和に貢献するように設立されました。この組織は働く機会を創出し業務訓練を提供することによって現在の貧困を減らし、また将来の貧困リスクを低減することを目指しています。

貧困は二つの側面から定義することができます。ひとつは経済的側面、もうひとつは社会的側面です。標準的な定義では世帯収入が国内世帯収入の中央値の50%を下回る状態を経済的貧困とみなしています(絶対的貧困はさらに深刻で、しばしば1日1ドル以下で生活する人々の数で示されます)。貧困は発展途上国、経済的先進国のいずれにおいても実在する状態です。相対的貧困線(所得中央値の50%)を2014年7月に集計された日本のデータに当てはめると、世帯の1/6(16.1%)は貧困線を下回る層に該当することになります(つまり相対的貧困率16.1%)。同様に米国における2014年の貧困人口比率は15%でした。

社会的排除も個人またはグループがほかの人々が享受可能な権利、物品やサービスをうけることができないという意味で、異なる形の貧困と言えます。住宅、仕事、保健医療や その他の社会サービスを利用する際に社会階級、人種、教育、生活水準などの個人的属性によって差別されるということが考えられます。シングルマザーは仕事の求人で敬遠されたり、生活保護の受給者が賃貸住宅への入居を拒否されるなどの例があげられます。

人はだれでも食事をとらなければなりませんし、コミュニティとの関わりも必要です。生きてゆくためには収入が必要で、仕事の役割は社会への参画を容易にします。仕事は報酬の有無に関わらず他者の役に立つ有意義な方法で社会に参加するひとつの手段なのです。

ブルー・トレーディング合同会社
〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-11-1
水信ビル7階
メール:BTcontact@bluetrading.org