広告の目的(Purpose of advertisements)

広告は目的によって提供する情報を変える必要があります。

広告を掲載する目的は様々ですが、以下の三点を目的とする広告が多く見られます。

一点目は商品の宣伝です。商品の機能や商品を使用した場合のメリット、その効果などを購買層に向けて発信します。

二点目の目的はブランド構築です。ブランドには商品ブランドと企業ブランド(イメージ)があり、効果的なブランド構築は差別化要因のひとつになります。例えばブランドイメージが広く知られていれば、顧客が自分のニーズを満たす製品やサービスを考える時に最初に思い浮かべる商品名になりえます。ブランドランキングトップ5に入ればさらに商品の購入機会が増えます。
またブランドイメージで差別化ができていれば他社製品との価格競争を減少させることができます。例えば顧客が二つの製品の間で購入を迷ったとき、両製品とも同等の機能であった場合、価格やデザインなどの要因で選択されることがあります。しかし一つの製品がよく知られているブランドであった場合、もう一つの製品よりも価格が少し高くても選択されることがあります。商品の種類にも依りますが一般的にブランドイメージが強ければ価格差も大きく設定できるようになります。

三点目の目的は販売促進で、キャンペーンの告知などにより顧客の購入意欲を刺激して販売増加につなげる方法がよく使われます。インターネットではランディングページという種類の広告があり、ここでは商品購入を検討している対象者へ三段構成の広告で購入を促します。また「よくある質問」ページの方法も使われますが、これは商品や購入手続きに関する質問の回答を記し、商品や購入に関する顧客の不安を和らげるためにも有効です。他にも様々な広告の掲示方法があり、表現手段は増え続けています。

インターネット広告サービスでは様々な商品情報と表示方法を組み合わせて目的に合致する広告を作成します。商品によって使いやすい表現方法や達成しやすい目的などはありますが、その商品に最適な広告が製品/サービスの魅力を最大限に伝えます。